【MTG】基本セット2021環境所感【MTGA】

基本セット2021がいよいよプレリリースされました。

皆さん楽しんでいますか?

私はめっちゃ楽しいですよ☆彡

今はいろんなアーキタイプをみんな研究してる時期だと思いますがどうですか?気になるものありましたか?

今回は自分が触ってみたものや気になってるデッキについて書いていこうかと思います。

今回、やはり1番の話題となったカードは

コレですよね~

『精霊龍、ウギン』効果はすべて強力で特にマイナス効果は強すぎですよね。8コストと重いですが今のマナ加速環境なら余裕で出てくるうえ色が無色なのでいろんなデッキに入ってくるのがヤバイ感じがします。

そして右のイラストに関してはウギンのおにぎり動画も話題になりましたね。完成度高すぎて笑いましたW

https://tr.twipple.jp/p/16/9bdb65.html

コレは最高です☆

すでにバントウギンや茶単ウギン、タッチウギンなどいろんなところで見かけ今後トーナメントシーンで見ることになりそうです。

色別で見ていくと

《白》

このあたりを使った白単アグロなどはこれから見かけそうです。

犬も強いですね。犬デッキや、犬を使ったウィノータデッキもかなり強い印象です。

《青》

青は今回かなり豊作だったのではないでしょうか。

新テフェリーは微妙なイラストのデザイン違いで7種類も出たことが話題になりましたね。相手ターンでも効果を使用できる斬新なカードです。フェイズアウトする効果。これは場にいる状態なので装備カードなどは付いたままなのですが場にいるのだけど存在していない状態という。説明の難しい効果なんですが追放されているわけではないけど場にいないということです。でフェイズアウトしたカードが戻ってくるのは対象は相手クリーチャーのため次の相手のアンタップフェイズの開始時になるのが注意が必要なところです。奥義は鬼ツヨですね。今後使われるかは環境によって評価が分かれそうな気がします。(説明ムズイ。。

『不連続性』は個人的に今一番気になってるカードです。ターンを終了するというシンプルな効果ですがニッサなどのユニット展開するカードなどと相性が良く展開したあと殴り合おすみたいな感じですかね。プレインズウォーカーの能力を連続で使えるのもメリットですね。スーパーフレンズが相性良さそうです。

バリンはいろいろできそうでけっこう好きそうなカードです。自分はタッサでブリンクしたり鏡の行進で効果を乱発したりして遊んでましたW

『嵐翼の精体』は青単やイゼットで普通に強そう。

優秀な打ち消しも◎

これもめちゃ便利です。

青はとにかくいいカード多かった印象がありますね。

《黒》

黒もけっこう豊作かな。リリアナはハンデスも良しリアニでも良しとけっこう良さそう。教示者はキーカードが必要なコンボデッキなら入りますよね。

この辺はゴルガリでもいいし、接死デッキなんてのも面白そうですね。ワームは気持ちよさそうかも。

祭殿を使ったデッキも出てきていますし、このあたりは良さげな印象。

でこの組み合わせですね。これ流行るのかな。とりあえずイラストがキモすぎです><

《赤》

赤はね~赤単がめちゃ強いWW

まぁ今に始まったことではないけど、

チャンドラの紅蓮獣が特にやばいですね。災厄の行進との組み合わせがとにかく簡単にシナジーを生んでパンプと二段攻撃になるのでかなり鬼畜です。チャンドラの焼却者も災厄の行進や心火などから低マナで展開できると良いですが積み過ぎると事故る可能性があるのは注意かな。

『峰の恐怖』は今回の赤の目玉になるのかな。異形化から大型クリーチャーを展開してダメージ飛ばしつつ投げ飛ばしとか面白そうかW鏡の行進とのコンボも楽しいですよ☆ただし真っ先に除去対象にされるのが悲しいところ寿命は短い。

このあたりねW

ゴブリン関係はまだあまり見かけませんね。これから研究しだいですかね。

3倍ダメージ、コピー。このあたりはコスト重いですが出てしまえば強いタイプのカードなので今後に期待なんですが絶対面白いデッキ出てきそうだと思うし楽しみなカードですね。

《緑》

ガーガロス、5マナ枠だからニッサがいるしとかいろいろ言われたりもしたがなんだかんだ出てしまえば普通に強い。緑だから展開も早いしカードパワーが単純に強いと思う。

そして耕作はかなり好印象です。単純にマナ供給できて草食獣から耕作と2ターン目に打てるのは強いと思う。

この辺もシンプルに強いですね。ガラクのプラス能力は使いやすいので緑単なら普通に活躍しそうです。

軟泥はメインでもサイドからでもいけそうなカードですね。猫かまどとかにも刺さりそうなのが良き。野生林の災い魔、、これめっちゃサイズアップするんですよ。。ぜひ増殖デッキなんかで使ってみてください。

《多色》

多色はいろんなデッキパーツになりそうなカードが多いですね。ちょいちょい見かけることになりそうです。

《アーティファクト》

アーティファクト今回は充実していますね。茶単デッキも使われるくらいですしね。

マスティコア。MTGでマスティコアって強いイメージしかないのですが今回のカードはプレインズウォーカー殺すマンです。デッキによってはメインから入りますしサイドインもありです。

真面目な身代わりは4マナとやや重いですが土地を出せる上にカードまで引けるので茶単などでは見るカードになりそうです。

これ個人的にかなりいいんじゃないかと思っています。無色でマナ加速できるのはかなり偉いな~と思ってます。

 

はい、ということでざっと見てきましたがかなり環境も変わりそうですし、いろんなアーキタイプも生まれそうで楽しい環境になると良いですね~。

でもメタの中心にはウギンがいるんのでトーナメントシーンではやはりウギンの時代になりそうな予感ですね。

環境のデッキなどもまた紹介していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で。またのノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です