【MTG】ゼンディカーの夜明けコンボ集【MTGA】【MTGアリーナ】

ゼンディカーの夜明けで気になるコンボをいくつか置いていきます。

デッキ構築の参考になれば幸いです☆彡

今回のゼンディカーの夜明けでは、カウンターを乗せる効果がかなり豊富に用意されているので『議事会の導師』や『オゾリス』の相性が良くセレズニアカウンターのようなデッキはかなり強化されていそうです。

戦士装備デッキなんてのも面白そうです。

『スカイクレイブの大槌』はパンプだけでなく飛行・先制攻撃が付き場に出すだけで装備までされる高性能な装備カード。

二段攻撃のある『コーの刃使い』や破壊不能を得られる『歴戦の神聖刃』に装備するだけでもかなり強そう。

ナヒリのサーチ能力も悪くなさそうですね。

『怒り狂う島嶼、キャリクス』は『厳戒態勢』や『逃亡者、梅澤哲子』など戦闘ダメージをタフネスの数字を参照するカードやそのステータスを活かす相性の良いカードがヒストリックにあるのでそちらで遊ぶのが面白そうです。

『アクームの怒り、モラウグ』の上陸効果を活かせる土地を場に出すカードやその機会を増やすカードは相性良いですね。

乱動の再成長のような2枚場に出せる効果は上陸と相性がかなり良さそうです。

『カルガの威嚇者』の二つ目のクリーチャー一体を臆病者にする効果は人間クリーチャーを臆病者に変えることができるためウィノータとの相性が良さそうです。

『力線の暴君』はターン終了時に溜めたマナを持ち越せるので『アイレンクラッグの妙技』でマナを溜め『投げ飛ばし』で『力線の暴君』を生贄にして効果を発動するなんて動きも面白いかもしれませんね。

『硬鎧の大群』の自身をコピーする能力は変容クリーチャーと相性良さそうです。

こんな組み合わせもありですね。

ザーダの起動コストを2マナ減らす効果が『石成エンジン』と相性良さそうですね。

アーティファクトをアンタップする『通路の監視者』のようなカードもいろいろと悪さができそうな印象ですね。

まとめ

まだまだ多くのコンボやデッキコンセプトになるギミックが満載の『ゼンディカーの夜明け』。

今回はショックランドがスタン落ちして両面土地が加わってきます。

環境も大きく変わりそうです。

パーティやならず者、クレリック、戦士、ウィザード、デーモンといった職業デッキや種族デッキなんてのも増えそう。

『浄化の野火』を使ったランデスもでてきたりするかも?

さぁギミックはいろいろ仕込まれていそうな『ゼンディカーの夜明け』。

どうやって遊びつくしましょうかね((o(´∀`)o))ワクワク 

さぁ、それでは今日はこのへんで。またのヾ(*’-‘*)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です