【MTGデッキ紹介】ボロス トランスルーカ【MTG】【MTGA】

ルーカと異形化でコストを踏み倒して強力なクリーチャーを超展開しようというコンセプト☆彡

デッキ解説

《コンセプトカード》

コンセプトの軸となるのはこの2枚。

軽量クリーチャーをコストにライブラリーから強力クリーチャーを戦場に出すことができます。

異形化は4ターン目から動けるのが隙が無いです。

かつてのルーカヨーリオンでは『裏切りの工作員』なんて超強力なカードがありましたがさすがに禁止カードとなりました。

とはいえこのアーキタイプが死んだわけではありませぬ。

コストなんて踏み倒して強力クリーチャーで場を制圧しませう!

《強力クリーチャー》

今回メインで積んだクリーチャーは、ファイアーズの阿と吽。

『帰還した王、ケンリス』と『炎の騎兵』

この2枚は場に出た時に速攻を持たせられるのが強み。

ケンリスに関しては実は枚数を積むデメリットがあります。それは伝説のクリーチャーであること。

すでに1枚場にいるときに出てくるとがっかり感半端ないです。

しかしそれでも入れる理由があるとしたらアグロに対する免疫力。

回復効果が強い。ウィニー展開してくるデッキやラクドス系のバーン要素のあるデッキに対しても免疫を持たせられることが強みです。しかしながら1枚挿しという選択肢も無きにしも非ずww

『峰の恐怖』。場に出れば踏み倒したモンスターから高火力を飛ばせます。

伝説のクリーチャーでないのも魅力。

そしてこれらの3枚は5マナで出せるため手札に来ても腐りにくいです。

《コストクリーチャー》

 

どこからでもコスト用のクリーチャー出す気満々ですww

《ドローソース》

コンボデッキのため条件を整えやすくするための採用。

手札入れ替え便利☆

《除去》

最初除去入ってなかったのですが、探索する獣など辛すぎて採用することに。空の粉砕と迷いましたがルーカの再利用が効くこちらにしました。

デッキ

 

デッキ
7 山 (UND) 94
4 峰の恐怖 (M21) 164
4 急報 (M20) 34
7 平地 (UND) 88
3 炎の侍祭、チャンドラ (M20) 126
4 メレティス誕生 (THB) 5
2 太陽の神のお告げ (THB) 30
3 胸躍る可能性 (M21) 165
4 炎の騎兵 (M20) 125
3 帰還した王、ケンリス (ELD) 303
4 銅纏いののけ者、ルーカ (IKO) 125
4 聖なる鋳造所 (GRN) 254
2 凱旋の神殿 (M20) 257
4 寓話の小道 (ELD) 244
3 異形化 (M21) 167
2 エルズペス、死に打ち勝つ (THB) 13

まとめ

序盤からクリーチャー・トークンを展開してそこから強力クリーチャーをガンガン展開していくデッキです。

4ターン目には展開できるのが良きですが、

除去や打ち消し満載のデッキとはどちらの手札が尽きるのが先かの戦いにw

『峰の恐怖』がある状態で手札から『峰の恐怖』ルーカ効果でクリーチャー展開はかなりエグイ流れに

これも同じ流れの写真か。けっこう峰の恐怖がフィーバーすることもしばしばとww

理想のムーブは4ターン目異形化からの『峰の恐怖』

5ターン目、ルーカからの『峰の恐怖』

6ターン目、クリーチャー展開でゲームエンド

他のクリーチャーも普通に強いのでうまく回ればかつてのファイアーズのような盤面にw

思ったより踏み倒しが簡単にできるので興味のある方は遊んでみてくださいませ♪

それでは今日はこのへんで。またのヾ(*’-‘*)ノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です