【MTGデッキ紹介】力こそパワー!乙事主フライヤー【MTG】【MTGA】

『悪魔の抱擁』を使った大型ファッティデッキの紹介です。

最近は『朽ちゆくレギサウルス』に『悪魔の抱擁』をのせる黒単が強いですが、『悪魔の抱擁』を乗せるクリーチャーで他にいいのいないかなと思って探していたところ見つけたクリーチャーがコレ

乙事主もとい『ネシアンの猪』ですw

以前これを『投げ飛ばし』でぶん投げるデッキを紹介したことがありましたが、久しぶりの出番です。

このカードはサイズもデカいがデメリットもデカいぜっていうクリーチャーでほとんど見かけることのないクリーチャーではあるのですが、

サイズだけはあるんですよ!サイズだけは(笑笑

2回殴れば相手は死ぬやろう

ということで、猪を飛ばそう。

空が渋滞してなければ飛べばデメリットもなかろう。

 

ということで、

組みました。大型ファッティフライヤー。

空を飛ぶのは『ネシアンの猪』のほか

サイズUPが狙える『漆黒軍の騎士』、低コスト大型クリーチャー『朽ちゆくレギサウルス』。

とにかく出しては除去で破壊されるという繰り返しが発生することがけっこうあるのでできるだけ空を飛ばしてダメージを稼げるクリーチャーが欲しいです。

特に今は『取り除き』も多いですし『払拭の光』『空の粉砕』『エルズペス、死に打ち勝つ』ほか3マナ4マナテフェリーなどけっこう除去されたりバウンスされたりするので辛いところ。

『探索する獣』優秀なアタッカー。

たまにこれも飛びますw

《キーカード》

はやはりこのカードですね。小型のクリーチャーすらゲームエンドを狙えるサイズにしてくれます。しかも墓地から再利用できるのが優秀過ぎる。

《サポートカード》

ドローとマナ加速。

『ガラクの蜂起』はパワー4以上のクリーチャーが多いこのデッキだと使いやすいですね。

除去はこのカード。普通に強いです。

先に述べたように出したクリーチャーがとことん除去される展開もけっこうあるので常にこれを構えていたいです。ただスペース厳しいので枚数は少な目。『ネシアンの猪』を1枚減らしてもう1枚入れるのがほんとは正解かも。

プラス効果が両方優秀でトランプルをつけられるのが凄く強いです。

空を飛べない状況でも『ネシアンの猪』で攻撃しやすくなります。

デッキ

デッキ
7 森 (UND) 96
2 解き放たれた者、ガラク (M21) 183
4 楽園のドルイド (WAR) 171
3 ガラクの蜂起 (M21) 186
2 耕作 (M21) 177
4 悪魔の抱擁 (M21) 95
7 沼 (UND) 92
4 朽ちゆくレギサウルス (M20) 111
3 探索する獣 (ELD) 171
4 漆黒軍の騎士 (M20) 105
4 ネシアンの猪 (THB) 181
4 草むした墓 (GRN) 253
2 疾病の神殿 (M21) 253
2 寓話の小道 (ELD) 244
2 寓話の小道 (M21) 246
4 取り除き (M21) 97
2 英雄的介入 (M21) 188

まとめ

とにかくサイズがあるので殴り合いでは負けないのですが除去や打ち消しなどが厳しいので、いかにクリーチャーを場に残すかが重要になります。

場にクリーチャーさえ残せればダメージ効率は良いです。

あっという間にゲームが決まることも。

ガンガン殴って気持ちよくなりたい人向けですねw

『悪魔の抱擁』は強いのですがとりあえず乗せるというよりはタイミングを選ぶカードなのでご利用は計画的に。

最後に一言、言わせてください。

『投げ飛ばし』的な意味で(違~~~う!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です